横浜で1番の最安値|横浜鶴見の男性専用脱毛サロン

【横浜】で青髭脱毛をするなら|なぜ青髭になるの?

突然ですが青髭にお悩みではないでしょうか?

 

年々、濃くなるヒゲや、剃っても青く残ってしまうヒゲで悩んでいる方は増加傾向にあります。
営業や接客業ですと清潔感などの印象に関わりますし、実年齢より老けて見えてしまうことも・・・

 

そのような、青髭に悩んでいる方のための、メンズ専門の脱毛サロンがあることをご存知だったでしょうか?
今回は、「なぜ青髭になってしまうのか?」「青髭をなくすことは本当にできるのか?」というテーマでお伝えしたいと思います。

 

なぜ青髭になってしまうのか?

それでは、そもそもなぜ青髭になってしまうのかお伝えしていきたいと思います。

青髭になる大きな要因を3つご紹介したいと思います。

 

①ヒゲの剃り方に問題

ヒゲの剃り方に問題があると、段々とヒゲが濃くなる要因となります。。

例えば、古い髭剃りを使っていると肌を傷つけてしまいます。

 

毛というのは本来、「弱い部分を守る」ために生えているので、髭剃りで肌を傷つけてしまうことで、身体が「しっかりと守らなければ」と認識して、その部分の毛が太くなってしまいます。

 

もう1つは、剃るときに毛の表面積を広げてしまっている可能性があります。

毛の断面に対して垂直に剃れていれば問題がないのですが、斜めに剃ってしまうことで表面積が広くなり「実際よりも太く見える」状態となっている可能性があります。

 

特に、髭に対して剃り負けてしまっている場合などに起こりやすいので、剃り負けしない物を選ぶというのも重要になってきます。

 

②ストレスで男性ホルモンの活性化

青髭の男性が増えた要因の1つとして、日常的に強いストレスにさらされている状態になると、男性ホルモンの分泌が促進されると言われています。

 

男性は元々、狩りなどの危険なところに行ったりするなど、(ストレス=身体の危険)を受けやすい状況下におり、(ストレス=身体の危険)に耐えられる構造にするために、男性ホルモンには「筋肉や骨を強く」「毛を濃くして身体を守る」効果があるので、ストレスによって男性ホルモンが活発になるとヒゲも濃くなりやすくなり、青髭の要因となってしまいます。

 

ストレスの要因として、「睡眠不足」「過度の筋トレ」なども挙げられます。

 

③ヒゲを抜く

ヒゲを抜いた際に、毛根と毛穴のところで強い炎症が起こります。

炎症の後には「そこの部分を強くしよう」という反応が起こるので、毛も強く太くなって生え変わってくるので、ヒゲを濃くしたくない方は抜く方法はおすすめしません。

 

青髭にはメンズ脱毛がおすすめ

青髭を無くしたいという方には、メンズ専門サロンで脱毛するのがおすすめです。

 

脱毛をすることで段々と毛が薄くなり、剃り負けなくなったり、青髭がなくなったりとメリットが非常にあります。

 

筆者も前から脱毛をしたことで、髭剃りがめちゃくちゃ楽になりました。

ひげ脱毛 12回ビフォーアフター

ちなみに12回の状況はこのような感じになっております。

 

右側が12回やった後のヒゲの状態ですが、これ1週間~10日くらい剃らないでこの状態です。

ちなみに、左側は毎日剃っており、剃った直後に撮影してもこの濃さでした。

 

これだけでも、やって良かったと思いました!!

 

右側は剃ると青さはなくキレイになります。

 

青髭で悩んでいる方にはお勧めですよ。

 

横浜で青髭を無くしたい方は当サロンにご相談ください。

横浜で1番安いメンズ脱毛サロンRASHINDO横浜鶴見店

他にもこんな記事を読まれています

デキる男はなぜヒゲ脱毛をしているのか?

ひげが濃くなる原因とは?様々な視点から解説!

男性に人気の脱毛部位ベスト5!

 

メンズ脱毛サロン
RASHINDO横浜鶴見店

Instagram Twitter Facebook

営業情報

TEL070-3172-2848
住所〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目11-11
鶴見クリーンハイツ202号室
営業時間火・水・金) 10:00~22:00
月・日) 10:00~18:00
土曜日) 10:00~17:00